若手の至であるタトゥー除去は専門の医者にお願いしよう

理想のバストを手に入れる

バストを測る人

工夫はいろいろあれど

豊かなバストは女性らしさの象徴と言われ、洋の東西を問わず多くの女性が望んでいます。しかし、骨格がしっかりとして身体に厚みのある欧米女性とは対照的に、線が細く華奢な作りの日本女性はどうしてもバストが小さめになりがちです。そんなことで、豊胸に効果があるといわれる体操やサプリ、補正下着等、我が国では多彩なバストアップ方法が紹介されてきたのです。これらの方法を工夫することで、一定の効果が期待できます。たとえば、体操をすることで筋肉が鍛えられて胸元にハリを与えられたり、補正下着をつけることで胸元の脂肪を集めてボリュームアップしたりと、見た目的には豊胸効果が得られるとされているのです。しかし、実際のところバストそのものが大きくなったかというとそれは疑問です。ハリが与えられてもボリュームアップしたとはいえず、また下着は外してしまえば元のままになってしまい、サイズアップはかなり困難です。やはり本当に意味での豊胸は、美容整形の施術のみといえるのです。

医学的なバストアップで

美容整形の豊胸術は、長年の実績と最新医学の知識及び技術を結集した安全性の高い施術です。その整形方法も複数から選択でき、より自分の希望に合った施術が受けられます。たとえば、最も有名な豊胸術として知られるシリコンバッグ挿入法は2カップ以上のバストアップを望む人、半永久的な効果を望む人に最適な方法です。また、スリムアップと豊胸の両方の願いを叶えたい人には、余分な脂肪を胸に注入する脂肪注入法がおすすめです。美容整形というとどうしても手術のイメージが強く、そのせいで二の足を踏んでしまうという人には、メスを使わずわずか10分程度の施術でボリュームアップが可能とされるヒアルロン酸注入法が高い人気です。これは、体内にもあるヒアルロン酸を注射によって胸に注入するもので、自然なバストアップが可能とされています。このように、美容整形の豊胸術はあらゆるニーズに応えるものであり、これらの施術は今後ますます需要が高まると考えられています。